遅延型フードアレルギー

  • 2014.06.27 Friday
  • 15:24
以前から気になっていた遅延型フードアレルギーを検査してみました。アレルギー症状として挙げられているものに、思い当たることがありましたし、アンチエイジングの観点からも、受けておいた方がいいと思いました。それに、これから患者さまに実施していくにあたって、自分を調べておかないと、ということでやりました。検査は簡単で、指先とか耳たぶをちょっと針でつついて血を数滴出して、専用の紙のようなものに吸収させるだけ。2週間くらいで結果が出ます。
 
結果は散々でした涙


 

遅延型アレルギーが何なのかご存じない方のために説明から。

アレルギーには2タイプあります。
1、 即時型フードアレルギー。アレルギーの反応が出てしまう物質(アレルゲン)を取り入れると、30分以内にすぐに反応が出る。かゆみ・じんましん・腹痛・下痢。強く反応が出ると、アナフィラキシーショックを起こして死の危険性も。IgE抗体が関与。保険適応の検査。食べ物ではないですけれど、花粉症もIgEが関与しています。

2、 遅延型フードアレルギー。反応は数時間から数日後。症状は肌あれからメンタル不調まで多彩で慢性的。IgG抗体が関与。検査は自費で3万〜5万円。
症状

症状2


なぜ遅延型アレルギーになるのかというと、腸管の消化能力を超えてしまった食べ物が、腸のパイエル板という免疫を司っているところに覆いかぶさるように溜まってしまい、それが敵だと勘違いされて、その食物に抗体ができるんだそうです。なので、好きでよく食べるとか、健康のためにしょっちゅう食べるものほど危ないそうです。しかも遅いと72時間後つまり3日前に食べたものにアレルギー反応が出るので、原因が分かりにくく、頭痛・にきび・疲労感・むくみ・鼻づまり・腹部膨満感・便秘などの症状があっても特に疑問もなく受容してしまうようです。

私はというと
に極めて強い抗体反応が出ました!
それから最近好きでしょっちゅう食べていたアーモンドにも!

そして毎日食べる乳製品、小麦、砂糖(さとうきび)にも中程度の抗体反応がありました。

ただ、これで一生食べられなくなるわけじゃないんです。強陽性だったものは、半年、中陽性のものは3カ月辞めると、溜まってしまっていたものが、消化されて、抗体も消えるそうです。

薦められている食生活としては同じものを食べる時は3日明けてから。何事もバランスが大事なんですね〜身を持って体感しました。

report

でも、野菜も肉も魚も大丈夫!これらがあるならば平気です〜
ただ、加工食品は大抵良くないものが入っているので、外食は気をつけないといけないです。

これらの食べ物を避けるのは結構大変なんですが、炎症の存在というのはアンチエイジングの大敵ですし、それが巡り巡って将来の病気を引き起こす可能性が大きいことを考えると、どんなにおいしくても自分にとって毒なら避けたいです。

来年にはすっきりきらきらできているのを目指して頑張ります!
コメント
コメントする








    

selected entries

recent comment

profile

search this site.

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM