ありえへん世界・矯正症例

  • 2018.09.28 Friday
  • 17:58
「ありえへん世界」という番組から、数か月前からコンタクト、取材があり、9月25日に放映がありました。
私がADの方を患者さんに見立てて、ニューロマスキュラー検査の様子を撮影されてたんですが、見事にカットされていました。
えーえーそうなるだろうと思っていましたよー
まじめに検査しているシーンなんて、面白みも派手さもないですからねぇー

ありがたいことに、この建物に引っ越してきてから、何度もテレビの取材をして頂いています。最初の頃はテレビに映るなんて〜!!ともの珍しさもあって、放映日を指折り数えて、ドキドキしながら待ったものですが、最近は「あれ?今日じゃなかった?録画しといた方が良くない?」な程度になってきてしまいました。

今回はさらにちょっと間抜けな話なのですが、、前日にDVDプレイヤーを買い替えて、私はまだ一度も触っていなかったので、設置してくれた夫に番組の録画予約をしてくれるように放映日の朝に頼んで、放送時間にそのまま録画中の番組を見ていたのですが、なかなかうちが登場しません。
一緒に診ていた息子に何度か、「これ間違ってない?」と聞かれましたが、「多分もう少し待てば出てくるんだよ」と答えていました。放映終了時刻に近づいてきて、気がつきました、見ている番組のタイトルが、聞いていたのとちょっと違うと。
「世界のありえない映像大賞」をずっと見ていました。(笑)まぎらわしいわ〜!!

ま、次の日はちょうど月1のスタッフ勉強会の日だったので、ちゃんと録画に成功した院長が、うちが出てきたシーンだけ、見せてくれたんですけどね。
かなりの誇張表現・拡大解釈に苦笑いの番組でしたが、院長・副院長にはfacebookを介して、色々コメントをもらって反響があったみたいです。
私のブログもおまけで?放映日にアクセスしてくださった方がいつもより多かったです。

話は変わって、今日は、また矯正症例をのせたいと思います。
今回の方は、以前に矯正を経験された方で、上顎の小臼歯2本と下顎の前歯2本がない方でした。
矯正前の写真です。

BO

BF

え?こんなに歪んでるのに矯正したの?と思われるかもしれません。以前に矯正された先生が、この状態で治療を終了されたはずはありません。つまり、矯正装置を外した後に、どんどん歪んできてしまったのです。
お口の中の状態や顔を見て、何がこの歪みを作ってしまったのか、つまり、どんな癖があったのか想像できますか?
うつぶせ寝で、左側を枕につけて寝ていただろう、とか、右で頬杖するかもしれない、とか左咬みだろうとかイメージできます。

癖について、とてもよく理解していただき、ご協力いただけました。矯正治療中にご結婚もお決まりになったので、式に間に合わせるために、最後は急いで治療を進めて、1年2か月で終了しました。顎をニューロマスキュラーポジション(最適な位置)に持って行く取り外し式の装置はまだ継続してご使用いただいて、さらに咬み合わせを緊密にしていく必要がありますが、大変綺麗になられました。

OA

AF

小顔になっていらっしゃるし、左右非対称もだいぶ改善されてきていると思います。

上顎がどれほど広いか、は下顎の位置が決まる上で大変重要な役割を持っています。
この方のように、上顎が少し狭い、は下顎がかなり狭いにつながる方もいらっしゃいますし、上顎が狭いことが、下顎が後ろに下がったり、左右どちらかにずれる結果になるタイプの方もいらっしゃいます。

大変恐ろしいのは、下顎が本来の位置からずれているのにも関わらず、歯医者がそれを無視して、下顎がずれているその位置に合わせて上顎の歯を移動させたり、狭かったり、左右のバランスが悪い上顎に合わせて、下顎を押し込めようとすることです。

例えば、出っ歯の方を例にとって説明したいと思います。出っ歯とは要するに、下の前歯より、上の前歯が大きく前方にあるという事です。

やってはいけないのは、下顎が後ろに下がり過ぎている場合、その事実を無視して、上の歯だけ抜歯して、上の前歯を引っ込めるという治療です。
この治療の結果起こりうることとしては、
下顎と舌はますます窮屈になります。解放される位置を求めて、食いしばりや、歯ぎしりが増えるかもしれません。
下の前歯のすり減りが大きくなったり、上の前歯がぐらぐらになることもあります。
関節がすり減って、口が大きく開けれなくなるかもしれません。

さらに自律神経系に影響が出ることもあります。
めまいがひどくなったり、とにかく疲れやすかったり、肩こりや首こり、腰痛がひどくなったり、頭痛がしたり、顔の歪みや老化現象が進んだり・・・こうなれば精神的に健全とは言えない状況になっても不思議ではありません。

ここのところ、他院で治療を受けて、この様な症状が出て、大変お困りになって当院に遠方から来院される方が増えていると感じます。中には症状がひどすぎて仕事を続けられなくなってしまう方もいらっしゃいます。

さらにお気の毒なのは、歯医者にこういった症状を理解してもらえない、話を聞こうともしてもらえなくなり、心も傷つけられて、さまようはめになることです。

歯医者が謙虚になって、むやみやたらに咬合を触ることは、人生を狂わせることもあると認められればいいのですが、そうではなく、患者がおかしいと決めつける人もいます。

一方で、謙虚に、咬合を触ることの恐ろしさ、咬合治療が全身症状を変化させうることを認め、自分には治療できないから、やってくれるところを探すようにと患者さんに促せる先生もいらっしゃいます。

やはり、他院であれこれ咬合を触られて顎関節症状がひどくなってしまい、現在遠方から当院にニューロマスキュラー矯正治療で通院してくださっている、F様という方がいらっしゃいます。
F様に今日伺った話ですが、咬合治療ができるところを探すようにと言ってくださった歯科医師に、F様が今はコメットに通っていることをお伝えになったら、先生が「それなら良かった」とおっしゃってくださったとお聞きしました。

同業者から、咬合治療について、公に攻撃されて、大変がっかりさせられることがありましたが、逆に、このように肯定の声を聞かせていただけることは、本当に嬉しい事です。教えてくださったF様にもとっても感謝です。ありがとうございます。

これからも、一人でも多くの患者さんの助けになれるように私自身精進して参りたいと思いますし、正しく咬合治療ができる先生が増えていくように心から願っています。


コメント
コメントする








    

selected entries

recent comment

profile

search this site.

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM