杉江アマゾン大輔さんのニューロマスキュラースポーツマウスガード

  • 2017.12.22 Friday
  • 17:51
ブラジリアン柔術の選手であり、インストラクターでもある杉江アマゾン大輔さんのニューロマスキュラースポーツガードを作成させていただきました。このスポーツガードの意義は、ずばり、パフォーマンスの向上です。
アマゾンさんの略歴はこちら

実は、アマゾンさんとは、以前からご縁があって、2015年1月16日にも「生と死」というタイトルで、ブログを書かせていただいています。

以下が理想的な顎の位置を決めていく方法です。
まず、K7という下顎運動解析診断総合コンピュータシステムを用いて検査をします。
その時の様子はこんな感じです。

K7-1

下顎がどのように動いているのか見ているところです。
下顎の最大運動可動域、最速最大開閉口、下顎安静位からタッピング時の動き、ガム咬みの咀嚼運動などを見ます。

EMG


最大に噛みしめをしている時の筋電図を取っているところです。何もなしの状態と、コットンを介して噛みしめている時の差を見ています。
さらに、下顎安静時の筋電図も計測します。


この検査の後、ベッドで寝てていただきながら、マイオモニタと言う経皮的電気刺激装置(低周波)を45分ほど使って、顔面の咀嚼筋、表情筋、僧帽筋を中心に筋肉のリラックスをはかります。

再度、検査機器をつけていきます。お顔の表情から力が抜けているのがおわかりいただけるかと思います。
K-2

この状態で、下顎が電気刺激で上下に動いている位置と、普段の咬みわせている位置を比較します。

scan5
アマゾンさんの場合は、いつも咬んでいる場所よりも、前方に3.1mm、左側に1.4mmずれたところに、噛み合わせの理想位置がありました。

この位置で咬み合わせを取り、スポーツガードを作成しています。

今回は比較検証のため、上顎のソフトタイプと下顎ハードタイプの2つを作成させていただきましたが、下顎タイプの方が、握力検査で良い結果でした。

何も入れてない時の握力→下顎タイプを入れての握力:
右48.7Kg → 56.6Kg  
左46.0Kg → 49.3Kg

装置をお渡ししたその日に、何もはめていない状態と、下顎タイプをはめた状態で、力の出具合、柔軟性などをテストしました。力技のテストでは、当院の男性スタッフHさんに助けてもらっています。
もともと屈強な方なのですが、全てのテストにおいて、スポーツガードを入れた状態の方が良い結果でした。
動画でないと分かりにくいですが、、、左が何もなし、右がスポーツガードありです。

C-1

C-2

スポーツガードを入れてない状態では、抵抗する際、体が動いてしまってましたが、スポーツガードを入れた状態では、Hさんが思いっきり力を入れても、びくともしません(゜ロ゜;ノ)ノ

アマゾンさんにご使用いただいて、「良い感じ、踏ん張りがきく」とコメントいただきました。

現在、プロの方、トップアスリートの方限定ですが、無料モニターをさせていただいています。ご興味のある方はご連絡くださいませ。
コメント
コメントする








    

recent comment

profile

search this site.

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM